ママ特派員に聞きました

2018.11.12更新

私たちの出産(じゅんじゅん)

|どこで出産しましたか

日本とシンガポール

|出産前に準備したことはありますか

日本では自然分娩(第1子)した後の、シンガポールでの無痛分娩(第2子、3子)だったので特に準備をしませんでした。

|妊娠中、何か印象に残る出来事などありましたか

電車やバスで、若者からお年寄りまで、必ず誰かが席を譲ってくれたり手をかしてくれること。

|入院する部屋、施設はどんな感じでしたか

4人ひと部屋、看護師さんもこまめにみてくれました。

|実際の分娩はどんな様子でしたか?

1人目は里帰り出産をし、日本で自然分娩。2人目と3人目は無痛分娩でした 。夫のみ立ち会い、他の子供達は住み込みヘルパーさんに見てもらいました。

|自然分娩と無痛分娩をそれぞれ選択したのはなぜですか

1人目は里帰り出産で広島の病院で産んだのですが、その病院、無痛の選択がなかったです。あっても、痛みを経験してこそお母さん!っていうあの独特の雰囲気がまわりにあったから、どのみち自然分娩にしてたかも。2人目は予定日過ぎても出てこなかったから、誘発剤を打っての無痛分娩。3人目は誘発剤なしの無痛分娩です。

|自然分娩と無痛分娩で違いはありましたか

自然分娩の時は一週間入院しても身体がしんどかったけど、無痛分娩の後は2人目一泊2日、3人目二泊3日でも普通に歩けて回復が速かったです。ただ、2人目の時はpain killerが一回入って終わりと思ってまだ痛かったから最後うまく力めず、吸引され、3人目の時は医者と話しあって、感覚を残しながら薬を入れたんだけど、麻酔科医の先生が下手で注射の時、身体に電流が走った。オススメの麻酔科医を聞いとけばよかったなが反省点です。

|入院期間はどれくらいでしたか

2泊3日

|選んだ病院で出産してよかった点は何ですか

近所のかかりつけのクリニックの先生(マレー系)がその病院で分娩を担当していたから選んだのですが、その先生がとびきり明るく、必要のないことにはお金をかけさせない先生で、フェアなアドバイスがもらえるのが良かったです。

|赤ちゃんと出会った瞬間はどんな気持ちでしたか

無事に泣いたのを見てホッとしました。嬉しくて涙がでました。

|産後のサポートはどうしましたか

住み込みヘルパーさんにお願いしました。

|パパのサポートはどれくらいありましたか

毎回病院からリモートで仕事をしていたので、3回の出産でたくさんサポートしてもらえました。

|お国柄だなと思うことなどありましたか

無痛分娩の注射をするタイミングが深夜より前だったので、同意書にサインする時間で一時間でも一泊入院扱いをされ、第2子の時は実質1泊2日で退院しました。
シンガポールは女性進出が進んでいるので、みんな結構ギリギリまで働いて、出産日を決めて無痛分娩で産むことが多いです。

この記事を書いた特派員

じゅんじゅん

シンガポール

はじめまして。シンガポールに6年在住の新木純子と申します。3児の母で、以前に教師をしていたこともあり、ストーリーテリングを含むバイリンガル教育、ディスレクシア教育、子供へのお金の教育などの発信や、コミュニティづくりを今後やりたいなと思っています。よろしくお願いします。